アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FLASH】 元極楽とんぼ・山本圭一淫行事件から7ヶ月…全てを語った

◇淫行事件から7ヶ月…カネから芸能界復帰まですべてを語った──
▼「アレから1回もエッチしてません」 元極楽とんぼ・山本圭一「激白120分!」

かつて“淫行事件”を起こした芸人は、やがて宮崎県の知事となった。
その宮崎に、17歳少女との飲酒・暴行容疑で芸能界を“追放”された芸人がいま、暮らしている。
南国での生活、10種もとった資格・免許、後輩芸人への思い…
直撃取材に、彼は重い口を徐々に開きはじめた。

▼山本が来ている青果市場のジャンパーには「お世話係 山本」と刺繍がされていた。

「つらくないと言ったらアレですけど、噛みしめてんですよ、あったコトを。
全部噛みしめて、背負っていかないとと思っていますから」

本紙記者が「この7ヶ月はつらかったですか?」と尋ねると、山本圭一(39)は、ふーっと息を吐いてから、胸の内をそう語り出した。
昨年7月の淫行事件後、山本は芸能界を去り、宮崎県日向市で「謹慎生活」を送っていた。
本誌は山本の誕生日だった2月23日、本人が働く青果市場で話を聞いた。最初は口を閉ざしていた山本だが、
言葉を選びつつ訥々と話しはじめた。

山本本人の弁によれば、事件後、宮崎県日向市に移り住んだのは、地元の実力者の引きがあったからだという。
「以前ここで『茨城ゴールデンゴールズ』のキャンプをやったことがあって僕のことをえらく気に入ってくれたんです。
青年会議所の方や市役所の方とかも、頑張りましょう、ゼロからやりましょう、と。すごく感謝してます」

▼店舗で野菜の叩き売りをやったこともあります。安く売りすぎて叱られましたけど…

─いまはどこに住んでいるんですか。

「日向のホテルにずっといます。一緒に東京から来ている仲のいいヤツと同じ部屋に。
僕の野球チームのメンバーで、後輩芸人の連れだったんです。ツインでホテル代は折半ですよ」

─日向ではどんな生活を?

「青果市場で仕事をしたり、いろいろ資格をとったり、あとサーフィンをしています。
店舗で野菜の叩き売りをやったこともあります。安く売りすぎて叱られましたけど(笑)」

▼青果市場での仕事が唯一の収入源。「お金ないですよ。クルマは中古で安いのを買いました」

青果市場で働きながら、街の活性化のための活動をしている。サーフィンを始めたのはそのため。
日向をサーフィンで町おこししようとしている。

─お金はどうしてますか。

「いまは収入はないに等しいです。この青果市場に来てやっているだけです。お金無いですよ。『FLASH』さんで何か(笑)」

─ふだんの生活費は?

「それくらいはまだあります。芸能界に16年いて、世の中に出だしたのが10年前だとしたら、
そりゃあ、なんとなく(お金は)ありますよ。貯金したお金じゃなくて、普通に使って余ったやつ。
たまたま使い切らなかった金が何ヶ月分か銀行に入っていただけです」

─芸能活動中の年収は5千万円くらいと報じられたこともありましたね。

「いやあ、吉本興業ですよ(笑)」

▼『めちゃイケ』はたまに見ます。やっぱ面白いっすね
▼サーフィンを本格的に始めたのは今年の1月からだという。「夜早く寝るようになりましたね、1時か2時。
  あんま変わんねえか(笑)。食生活も変わらない」
▼「火種なんですかね。よくも悪くも」

事件後、人目を忍んで資格をとっていた。山本はこの7ヶ月の間に、10種もの資格や免許を取得している。
フォークリフト運転技能免許、小型船舶操縦免許(特殊、1級、2級)、バイク(中型、大型)、大型自動車、
けん引、大型特殊、ヘルパー2級。「一通り陸と海はとりました」。

─どうしてこんなに資格を?

「地元の人といろいろ話しているうちに、日向の街づくり、海沿いの観光スポット開発をやろうということになった。
何をやるんでも免許は絶対にないとダメだろうと考えた。今後何があってもこれくらい(資格が)あればやれるだろう、
やれることは全部やっておこうと思って、チャレンジしたんですよ」

─日向に骨を埋めるつもりですか。

「うーん、わかんないですよ。謹慎という期間は、少なくとも1年は必要だと思っています。
ただ、目の前で何か自分で役立てることがあるんなら、『それいいですね、やりましょう』となっちゃう。
去年、延岡市が竜巻の被害に遭いましたが、その直後にチャリティソフトボール大会をやったり、
大水害があった地域では、クリスマスにサンタクロースの格好をして子供と野球をやった。
野球しかできないっすから」

─親分肌なんですね。

「火種なんですかね。よくも悪くも」

質問が例の事件に及ぶと、山本の口が再び重くなった。

「未成年者とお酒を飲む場を持った。社会人として僕は立場も年齢も上だった。
どうであれオーケーしたというのは、僕の落ち度です。ダメです。絶対ダメです」

─随分、マスコミにも叩かれました。

「そうですね。自分でやったことなので噛みしめています」

─事件以前から、若い子が好きでロリコンだと言われてきましたよね。

「23歳以上はダメだとかテレビで言ったのは、サービスに決まっているじゃないですか。芸人としての。
それはわかってくださいよ。僕はいたってノーマルですよ。僕は今は芸人ではないです。芸人魂は流れていますが」

─事件以降、キャバクラなどに行ったりしたことは?

「宮崎ではサーファーのコや青果市場の方々と夜、食事に行きます。
あとは友達の家でゲームをやったり鍋をつついたり。ウォーキングもやっていますから、そういう店には行きません」

─じゃあ事件以降エッチは?

「してないすね」

─1回も!?

「はい」

─寂しくないですか。

「寂しいですね。でもこれは仕方ないです」

今後の芸能界復帰はまったくの未知数。
「周りが思っているほど僕は芸能界に執着していないですよ。そこに向かっているわけじゃないです」と言う。

─芸能界に帰ってこいという機運が盛り上がれば帰るんじゃないですか?

「ウーン。『帰りたくないの?』と聞かれればそうでもないのは確かだし『じゃあ帰りたいんだ?』と言われれば、
いや、そう急いで帰りたいというわけでもないし…」

山本は「奥深いすね」とある先輩芸人の言葉を引用した──「川の流れに身を任せておけば、いつかは海に出る」。

“大海に戻りたい”そんな秘めた思いが、体重100キログラムの巨体からは滲み出ていた。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1013-191e8f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。