アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲間由紀恵が語る“理想の結婚”【人気お嫁さん第1位】

 「お嫁さんにしたい人ランキング」で昨年、トップに輝いた人気女優、仲間由紀恵(27)。もし、頼りない夫と、超世話好きの姑に挟まれた“嫁”の立場だったらどうなるか? 
直撃インタビューに答えた。

 大河ドラマ「功名が辻」では戦国の世の良妻賢母を演じた仲間が一転、ズボラな嫁という設定の君子を演じる主演ドラマ「エラいところに嫁いでしまった!」(テレビ朝日系、午後9時)が、きょう8日最終回を迎える。

 収録が佳境を迎えた都内のスタジオを訪ねると、「現場のスタッフも盛り上げてくれて、家族のようでした」と分刻みの収録にも落ち着いた笑顔で応じた。

 マネジャーいわく、「睡眠時間を削ってでも衣装選びや化粧に時間をかけ、あせった姿を見せないタイプ」なんだとか。なるほど、貫禄がただよう。

 ドラマを見てなかったお父さんのために、早読み解説すると、最終回では君子が、優柔不断な夫・磯次郎(谷原章介)とともに、伝統やしきたりを重んじる世話好きの姑・志摩子(松坂慶子)と同居するかどうかが焦点となる。

 仲間は、「フリーライターという仕事柄、君子は姑と同居して仕事や自分の時間が束縛されるのがイヤ。でも、客観的に君子を見ていると、なぜこんなに嫌がっているのか…」と、問いかける。仲間自身は、もしこんな家族に嫁いだらどうするか。

 「私の場合、本当の意味で仲良くなるには、時間がかかるんです。他人で、初めて自分の良いところも、悪いところも見せてしまうのが、ダンナさんであり、次は嫁ぎ先の家族。ケンカをしたり、仲直りしたり、笑ったり、怒ったりしながら、気持ちがつながっていけばいいと思うんです」

 そして、こう続けた。

 「他の家族が、まねできないことを見つけていく。それって、すごくステキなことじゃないですか」

 そういえば、仲間は沖縄県浦添市の出身。沖縄といえば、姑はもちろん、“おばぁ”と親しまれる祖母や祖父と同居する大家族が当たり前の土地柄。ポジティブな発想は、ここからくるのか。 「お嫁さんも、一生懸命勉強をして、そのままの形を受け入れてもらえるように、家族がお互い、ちょっとずつ寄り添っていくのが良いのでは。理想の姑は、母性のあるまっすぐな人。愛情、厳しさ、優しさ何でも知っている方」

 そんな姑を探す前に、まずはダンナをゲットしないと。

■なかま・ゆきえ 女優。1979年10月30日、沖縄県浦添市生まれ。2000年映画「リング0 バースデイ」に主演。ドラマ「TRICK」「ごくせん」で大ブレーク。05、06年NHK紅白歌合戦の司会も務めた。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1026-2724e694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。