アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーコが指摘した「腐ったミカン」の日本代表選手とは

ジーコ前サッカー日本代表監督が2006年ワールドカップの日本代表の選手について「腐ったミカン」などと評したことが波紋を呼んでいる。「腐ったミカン」とは、もちろん周りに悪影響を与える人物のこと。ネット上でも、この「腐ったミカン」は誰だったのかといった議論で盛り上がりを見せている。

「腐ったミカンは、周りにも悪影響を及ぼす」

話題になっているのは週刊ポスト【ジーコ前監督が激白!「オシム監督よ、あの腐ったミカン選手に気をつけよ」】(2007年3月30日号)に掲載されたインタビュー記事。ジーコ前監督は06年W杯の日本代表について赤裸々に語り、「小野は2度も骨折している」など日本選手のフィジカル面の弱さを指摘。さらに、W杯初戦のオーストラリア戦で、リードしていたにもかかわらず、終盤で立て続けに3失点したことを挙げ、「(日本は)安定性がない」と評価した後、記者と次のようなやり取りをしている。
――日本の悪癖を治すためには、選手自身がピッチの中で考える必要がある。だから、あなたは選手に自主性を求め、試合の流れを読むことを要求した。しかし、その試みは成功しなかった。

そう認めざるを得ない。もう一つ、残念なことがあった。W杯では、ベンチを含めた23人全員が試合に集中していたわけではなかった。W杯の舞台で活躍して、さらなる成功をつかもうとしている選手の中に、選ばれるだけで満足している選手や、使わないとモチベーションを下げる選手がいた。チームの中に腐ったミカンがあるようなものだ。腐ったミカンは、周りにも悪影響を及ぼす。僕は、そうした選手を個別に呼んで話をした。でもダメだった。日本に帰したい選手がいても、制度上、どうにもならなかったんだ。

W杯敗退時には、チームの不和や団結力のなさがマスコミなどによって指摘された。当時の指揮官が指弾するこの「腐ったミカン」が誰だったのか、ネット上では様々な憶測が飛んでいるが、最も多く名前が挙がっているのは意外な選手だった。
2ちゃんでは小野選手というカキコミが突出

インターネットの巨大掲示板「2ちゃんねる」では、この週刊ポストのインタビュー記事に関して07年3月20日夕方現在で5本ものスレッドが立てられ、なかば「祭り」状態が続いている。ジーコ前監督を批判するカキコミも多く見られるが、「腐ったミカン」をある選手だと指摘するものが突出して多い。
「出るだけで満足=俊輔 出れないとモチベーションが下がる=小野」「結局腐ったミカン、帰らせたいウザイ選手って前振りから考えて小野と考えておk?」「小笠原も不満いいまくってたし斧(小野)、小笠原辺りだな。」「腐った奴て小笠原と小野だろただそれを呼んだのもジーコだけどな」

インタビュー前半に小野伸二選手(浦和レッズ)が「2度も骨折した」「(小野を)信頼して送り出したが、自分の役割を見失ってしまった」と名指しして挙げられたこともあったからなのか、「腐ったミカン」が小野選手だったのでは、と指摘するカキコミが圧倒的だ。もちろん、ジーコ監督も「腐ったミカン」が誰だったのか明言していないし、選手は複数かもしれない。小野選手だとするカキコミも無論憶測に過ぎない。ただ、W杯後に敗退の「責任」はジーコ前監督や日本サッカー協会、そして中田選手(当時)にあるとするマスコミの主張とは大きく異なる反応になった。
ちなみに、小野選手はW杯以降日本代表に1度も招集されていない。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1054-40a9a99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。