アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレ朝・小宮悦子 2度目の離婚

 テレビ朝日系「スーパーJチャンネル」の人気キャスター小宮悦子(48)がテレビ制作会社に勤務する夫のK氏(38)と3月に離婚したことが4日、分かった。小宮は83年に広告代理店勤務のコピーライターと結婚したが、89年に離婚。94年にK氏と再婚した。小宮は2度目の離婚になる。所属事務所は「3月に離婚しました。詳しいことはプライベートなことなのでお答えできません」と話している。

小宮悦子
埼玉県入間市出身のテレビキャスター、元テレビ朝日アナウンサー。血液型はA型。左利き。ニックネームはえっちゃん。地元のJリーグの浦和レッドダイヤモンズのファン。

小学校時代
マンガが好きで上手だったので愛称は「マンガ王」。当時の担任岡本先生の話。「勉強はオールマイティー。それでいて優越感に浸ることもなかったですね。よく前に出て、自分の言葉でわからない子に説明したりもしてました。学級委員や児童会の役員なんかもしてよくクラスをまとめてくれていました。」『私と先生』と題した朝日新聞のインタビュー記事で彼女は語っている。「小学校5・6年のとき早くも人生の黄金時代を迎えてしまったんです。何の屈託もなくて、何もかも思い通りにいって…。そういう楽しい2年間だったんですよ」。
埼玉県の小学生読書感想文コンクールで銀賞、タイトルは「あしながおじさんを読んで」。

中学校時代
バスケットボール部に所属し生徒会の役員。
運動会にリレー選手として出場したがバトンミスで失格、悔し泣きをする。
本人いわく「ずる休みをするような子になっちゃいました」と語っているが、「前向きな姿勢で何ごとにも取り組む子で頭もよかった。生徒会の役員もやって、ほかの生徒と1ランク水をあけるだけの力を持っていました。何かの行事のときにでも彼女に任せておけば安心で担任としては随分助けられました。」と中学時代の担任・K先生の証言。

高校・大学時代
放送研究会に所属。高1の終わりから2年の初めまで急性肝炎にかかり入院、2ヶ月休学。
高2の時に浦和高校の男子生徒らと「スイッチ・オン」というバンドを結成、ボーカルを担当。荒井由実、かぐや姫、ハイ・ファイ・セットなどをレパートリーとし、高校の文化祭や地域の公民館などでコンサートを開いていた。尚、バンド仲間として後に結婚する佐藤達郎と出会っている。

テレ朝時代
1983年に佐藤達郎と結婚。夫が標榜するDINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ=子供を持たない共稼ぎ)式結婚の理想カップルとして雑誌の取材にもよく登場したが、1989年1月7日に離婚。
目立たない女子アナであったが、『ニュースステーション』 でテーブルの下から覗くミニスカで一世を風靡し、世のサラリーマン諸氏たちから測量不能の “抜かせ屋” となったことは伝説となっている。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1078-ef0de2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。