アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿・JAPAN STARS VS WORLD STARS 公式メンバー発表

公式サイトにもメンバーが公表された
こちらには細かい経歴あったのでどうぞ


JAPAN STARS

監督 釜本邦茂
(元日本代表/ヤンマー)
日本史上最高のストライカー。68年メキシコ五輪の得点王。日本初の銅メダル獲得に寄与。
コーチ 山本昌邦
(元日本代表/ヤマハ)
選手時代はヤマハ所属。引退後はアテネ五輪監督など指導者として日本サッカー界に貢献。

FW 9 松原良香
(アトランタ五輪代表/静岡FC)
J以外にスイス、クロアチア、パラグアイなどでプレー。現在フェリーチェFC総合監督。
FW 16 大黒将志
(元日本代表)
ガンバ時代、04年日本人最多20得点でJベストイレブン受賞。先日トリノを退団。

MF 6 山口素弘
(元日本代表/横浜FC)
横浜フリューゲルス、名古屋で天皇杯優勝。新潟をJ1昇格に導き、横浜FCに移籍。現在は解説者。
MF 7 中田英寿
(元日本代表/ボルトン)
今回の呼びかけ人。Jリーグ、セリエA、プレミアリーグで活躍した。W杯3回出場。
MF 8 北澤豪
(元日本代表/東京ヴェルディ1969)
J創成期の代表的プレイヤー。Jではヴェルディ一筋。2002年引退後は解説者として活躍。
MF 10 澤登正朗
(元日本代表/清水エスパルス)
J初代新人王を獲得したミスターエスパルス。93年、代表として「ドーハの悲劇」を体験。
MF 11 前園真聖
(元日本代表/仁川ユナイテッドFC)
アトランタ五輪主将。横浜フリューゲルスで活躍後、海外移籍。韓国リーグでもプレーした。
MF 13 遠藤彰弘
(元日本代表/ヴィッセル神戸)
横浜F・マリノスで活躍後、神戸へ移籍。今年引退を発表。アトランタ五輪の背番号「10」。
MF 14 岩本輝雄
(元日本代表/オークランド・シティFC)
フジタ(現湘南ベルマーレ)で活躍後、J6チームに在籍。現在はタレントとして活躍中。
MF 15 奥大介
(元日本代表/横浜FC)
磐田で活躍後、横浜F・マリノス、横浜FCへ移籍。昨年引退、現在は後進の指導にあたる。
MF 20 永井秀樹
(東京ヴェルディ1969)
国見高校からヴェルディ入団。清水、横浜などを経てヴェルディに復帰。2007年に退団。
MF 21 下平隆宏
(元日本代表/柏レイソル)
柏、FC東京で主将として活躍。柏に復帰し、2004年引退。現在同チームの強化スタッフ。

DF 2 名良橋晃
(元日本代表/湘南ベルマーレ)
仏W杯出場。ベルマーレ、アントラーズで活躍後引退。現在はフェリーチェFCのコーチ。
DF 3 秋田豊
(元日本代表/京都サンガF.C.)
仏、日韓のW杯に出場。鹿島、名古屋を経て京都に移籍。現在は京都でコーチを務める。
DF 4 中西永輔
(元日本代表/横浜F・マリノス)
仏W杯出場。ジェフ(現・千葉)で活躍後、横浜F・マリノスへ。現在はフェリーチェFCのコーチ。
DF 5 柳本啓成
(元日本代表/セレッソ大阪)
俊足SBとして90年代の日本代表で活躍。サンフレッチェ、ガンバ、セレッソでプレー。
DF 17 中村忠
(元日本代表/京都サンガF.C.)
ヴェルディ黄金期を支えた後、浦和、京都でもプレー。現在はヴェルディユースのコーチ。
DF 19 中田浩二
(日本代表/現・鹿島アントラーズ所属)
日韓、独W杯に出場。バーゼルで約2年プレー。今年2年半ぶりにアントラーズに復帰。

GK 1 下川健一
(元日本代表/横浜F・マリノス)
96年アジアカップ正GK。ジェフから横浜F・マリノスに移籍後に引退。現在同チームの育成コーチ。
GK 12 曽ヶ端準
(元日本代表/現・鹿島アントラーズ所属)
日韓W杯代表、アテネ五輪にはOA枠で選出。ユースからアントラーズ一筋のベテランGK。
GK 22 林彰洋
(U-22日本代表/現・流通経済大学サッカー部所属)
学生ながら飛び級でU-22日本代表に選出。192cmと長身だが動きは俊敏な注目の若手GK。




WORLD STARS

監督 ジョゼ・モウリーニョ
FCポルト、チェルシーで指揮を執り、数々の栄冠に輝く。来期のインテル監督に就任。
コーチ ルイ・ファリア

FW 9 イヴァン・サモラーノ
(元チリ代表/CSDコロコロ)
R・マドリード、インテルなどで活躍。シドニー五輪の得点王。98年W杯にも出場。
FW 11 サルヴァトーレ・スキラッチ
(元イタリア代表/ジュビロ磐田)
90年イタリアW杯得点王。ユヴェントス、インテルでプレー後、磐田に移籍、活躍した。
FW 22 パトリック・エムボマ
(元カメルーン代表/ヴィッセル神戸)
サンジェルマン、ガンバ、神戸などで活躍。シドニー五輪で優勝、02年W杯にも出場。
FW 26 イルハン・マンスズ
(元トルコ代表/アンカラギュジュ)
02年W杯(3位)で3ゴールし大人気に。02年トルコリーグ得点王。04年に神戸でもプレー。

MF 10 クラレンス・セードルフ
(オランダ代表/現・ACミラン所属)
アヤックス、R・マドリード、ACミランの3チームでチャンピオンズリーグ優勝を経験。
MF 8 エドガー・ダービッツ
(元オランダ代表/現・アヤックス所属)
ACミラン、ユヴェントス、FCバルセロナを経て古巣アヤックスで活躍中。98年W杯出場。
MF 6 マティアス・アルメイダ
(元アルゼンチン代表/FCリオン・オスロ)
アトランタ五輪出場(準優勝)。98年、2002年W杯出場。中田とはパルマのチームメイト。
MF 7 マルコ・マルキオンニ
(現・ユヴェントス所属)
パルマやユヴェントスなどセリエAのチームで活躍。中田とはパルマ時代のチームメイト。
MF 18 リカルド・モントリーボ
(現・フィオレンティーナ所属)
フィオレンティーナなどで活躍。U-21欧州選手権2007に出場。将来を嘱望される逸材。
MF 16 セルジーニョ
(元ブラジル代表/現・ACミラン所属)
ブラジルのチームからACミランに移籍。98年W杯(準優勝)、99年南米選手権(優勝)に出場。
MF 14 オリヴィエ・ダクール
(元フランス代表/現・インテル・ミラノ所属)
ローマ、インテルなどセリエAで活躍。攻守ともにバランスのとれたミッドフィルダー。
MF 20 ドミトリ・アレニチェフ
(元ロシア代表/ポルト)
母国クラブチーム、ローマやペルージャで活躍。ロシアMVP獲得選手。2002年W杯出場。
MF 19 イ・ホ
(韓国代表/現・ゼニット所属)
ドイツW杯出場。2006年アドフォカート前韓国代表監督が指揮するロシアのゼニット移籍。

DF 4 アウダイール
(元ブラジル代表/現・SSムラタ所属)
ASローマなどで活躍。アトランタ五輪、94年(優勝)、98年(準優勝)の2回W杯に出場。
DF 5 ロッキ・ジュニオール
(元ブラジル代表/現・アル・ラーヤン所属)
ACミランなどで活躍。02年W杯出場。元ブラジル代表の中ではDFのリーダー的存在。
DF 2 ゼ・マリア
(元ブラジル代表/レバンテ)
ブラジルからイタリアに渡り、パルマやペルージャで活躍。中田のペルージャ時代のチームメイト。
DF 3 パオロ・モンテーロ
(元ウルグアイ代表/ペニャロール)
主にユヴェントスなどで活躍。02年W杯出場。ユヴェントスではチャンピオンズリーグ優勝。
DF 15 マッテオ・フェラーリ
(元イタリア代表/現・ASローマ所属)
セリエA、プレミアで活躍。ユーロ2004にも出場。中田とはパルマ時代のチームメイト。
DF 13 ホン・ミョンボ
(元韓国代表/ロサンゼルス・ギャラクシー)
Jリーグで活躍、柏では主将も勤める。W杯4回出場、02年ベスト4。中田とベルマーレでチームメイト。
DF 17 スン・ジ
(元中国代表/現・上海申花所属)
02年から上海申花でプレー。中国代表のメンバーとして、アジア大会などで活躍。
DF 23 ジュリオ・セザール
(現・オリンピアコス所属)
メキシコを皮切りに、スペイン、イタリア、イングランドなどで各国の強豪チームでプレー。

GK 1 ベルナール・ラマ
(元フランス代表/レンヌ)
ユーロ1996フランスの正GK(ベスト4)。98年仏W杯、ユーロ2000の優勝メンバー。
GK 12 パオロ・オルランドーニ
(現・インテル所属)
セリエAで10チーム以上を渡り歩くベテラン。モウリーニョが監督になるインテルに所属。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1719-b1f6b9cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。