アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊ポスト】加護亜依インタビュー17歳で処女喪失

加護亜依が半生記「LIVE~未成年白書~」発売にあたり週刊ポストとした対談記事がのっている
そしてこの記事がもめている
週刊ポスト・加護亜依インタビューの内容は
17歳は最高の年だった
処女喪失は17歳、相手は年上の男性
フライデーに撮られた男性とはハワイ滞在などお世話になったがもう別れた
また04年末にORANGE RANGEのメンバーとの間に子供ができ、加護亜依妊娠・中絶とスポーツ紙が報じたとき、当時わたし(16歳)は処女で中絶と言う言葉も知らなかったと
そのとき
事務所の社長には「頼むから本当のことを答えてくれ」となんども問いただされ
母親から「どうなの?どうなの?」と聞かれたという


この衝撃的な告白について加護亜依サイドは対談で言ってないことまで記事にされたと訴え、
週刊ポスト側は取材テープが残ってます
と答えている

(以下夕刊フジ)
加護亜依「17歳処女喪失」報道の“真偽”
セックスは「生きていく上で必要」

 再出発した元「モーニング娘。」の加護亜依(20、写真)に、騒動が持ち上がっている。今週発売の「週刊ポスト」(小学館)に「17歳の処女喪失」という見出しが躍るインタビュー記事が掲載されたが、これに対し、「言ってないことが書かれた」と加護サイドが反発。いったいどうなっているのか。
 加護は自著「加護亜依LIVE~未成年白書」(メディア・クライス)を25日に出版した。
 著書は、10-20代の若者との座談会が中心。自身の喫煙やリストカットの過去について正直に語っているが、“暴露本”の趣きはなく、再起を目指す前向きな姿勢が伝わる内容だ。
 ポストは本の内容を紹介しながら、加護のインタビューを掲載。それによると、加護は恋愛やセックスについての話も動じずに語っている。
 一時期出た“妊娠・中絶疑惑”を否定し、「その頃、まだ処女だったんですよ」と強調。これに対し、「いつオンナとして目覚めたのか」と記者が食い下がると、加護は戸惑いながらも「17歳の時ですね。相手は年上でした」と答えたという。
 また、セックスについて「人間が生きていく上で、必要なこと」と答えている。
 だが、ポスト発売前日の24日のエッセー出版会見で、報道陣に囲まれた加護は「言ってないことまで書かれまして」と困惑気味に語り、メディア・クライス側も「事実に反する報道」とし、法的措置を検討していることを明かした。
 メディア・クライスは夕刊フジの取材に「進行中の話なので、コメントできない」としたが、加護の所属事務所はこう説明する。
 「取材は、本のパブリシティー(PR)のためにお受けしたが、関係のない質問をされた。ゲラを読むと、言ってないHな内容の発言が書かれ、訂正を頼んでも、ちゃんと直らなかった」
 一方、ポスト編集部は26日現在、加護、メディア・クライス側から抗議は受けていないとした上で、「加護さん本人をインタビューし、内容に忠実に記事にしました。取材テープも残っています」と反論している。
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/1803-527421c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。