アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂大輔,交渉決裂か?

松坂の交渉が決裂も? レッドソックスと交渉中の松坂大輔投手(26)について、10日付のボストンの地元紙が、関係者の話として「突然の変化がない限り、松坂とレ軍との交渉は決裂する」と報じた。
9日に当地入りした松坂は、現地時間11日にも代理人のスコット・ボラス氏と交渉内容の詰めを行う予定。
交渉期限(米東部時間15日午前零時)が迫り、両者の緊迫の度合いは増している。

レッドソックスの地元ボストンから、衝撃的なニュースが伝わってきた。ボストン・ヘラルド紙は10日付電子版で、関係者の話として「Rソックスと松坂の交渉は基本的に決裂している。
突然の方向転換がない限り、木曜日の交渉期限までにサインすることはないだろう」と報じた。
期限の15日午前零時(日本時間同日午後2時)に向けたカウントダウンが始まり、難航している交渉がさらに緊迫していることがうかがえる報道だった。

「突然の方向転換」とは、代理人のボラス氏の“軟化”を指しているようだ。
レ軍の提示が4~6年の契約で平均年俸750万~1000万ドル(約8億7000万円~11億6000万円)なのに対し、ボラス氏の要求は1500万ドル(約17億4000万円)とみられる。同紙は、複数チームとの交渉で
高額契約を引き出すのに慣れたボラス氏は、単独球団と交渉になるポスティングシステム(入札制度)の不公平感にいらだちを隠さず、契約不成立なら西武へ戻るということを度々、ほのめかしていると指摘している。

松坂はこの日午前、米ロサンゼルスの空港に到着。報道陣50人以上に加え、日本人観光客など約100人に囲まれ、もみくちゃにされたため、コメントを残さないまま迎えの車に乗り込んだ。
その後は滞在先のホテルなどで静養。同行した所属事務所の関係者は
「週末はプライベートな時間にできれば…基本的には(代理人側の)連絡を待つ形です」と、ボラス氏との面談は11日になる見通しを明かした。

同紙が「交渉過程にはまだまだ曲折があり、状況が変わる時間は十分にある」とする通り、26歳右腕のメジャー入りの決意は固く、ボラス氏も決裂を望んでいるわけではない。これも敏腕エージェントならではの交渉戦術とも言える。
代理人はあくまで顧客(選手)の意思を尊重するのを基本とする。最後は松坂の気持ちをくんで、折れる形になるのだろうか。いずれにしても、あと4日。
期限ぎりぎりまで、両者のにらみ合いは続くことになりそうだ。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/789-c5899ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。