アイドル,グラビアアイドル画像・動画、芸能ニュース

アイドルやグラビアアイドルの画像・動画から芸能ニュースを紹介

お得情報
↓ヴィッセル神戸または楽天イーグルス勝利で全店ポイント2倍。両方で3倍に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特命係長 只野仁」人気お色気シーンの秘密

 人気番組の意外な裏側を紹介する「週刊テレビ裏ナビ」(毎週火曜日掲載)。今回は、高橋克典(42)が主演するテレビ朝日系「特命係長 只野仁」(金曜後11・15)のお色気シーンの秘密に迫ります。ユーモア満載のお色気シーンの裏には女性プロデューサーらの『隠れた努力』があったんです。


 シリーズ第1弾(平成15年7月期)の平均視聴率12・0%、第2弾(17年1月期)は14・1%、そして今回の第3弾も14・0%(22~25話平均)と深夜ドラマとしては異例の高視聴率を叩き出している「特命係長 只野仁」。大手広告代理店・電王堂の総務二課に勤務する只野(高橋)が 昼はダメ社員、夜は自社トラブルを極秘に解決する特命係長になる痛快コメディーだ。人気の1つになっているのは只野が「フンフン」と大暴れするベッドシーンだが、実は女性プロデューサーの『隠れた努力』に支えられている。

 「お色気シーンはAV女優の方に出ていただくことがほとんどですが、今シリーズはドラマ性が強くお芝居が要求されることが多い。今シリーズのためにアダルトビデオをレンタルで70~80本ぐらい見て研究しました。会社で隠れて見ていましたね(笑)」

 こう語るのは制作するMMJの清水真由美プロデューサー。AV女優の芝居の実力をランク付けした表を作り、抜擢しているのだとか。みひろ(24)、蒼井そら(23)ら同シリーズでブレークした女優も多く、同番組はまさに『登竜門』となっている。同局の秋山圭一郎プロデューサーは「細かい気配りなど、ゲスト女優のキャスティングでも女性プロデューサーだからこそお願いしやすい」と語る。

 「テレビのギリギリの放送コードと視聴者の期待とのバランスをとりながらやっています。撮影現場は『職人』が集まった雰囲気ですね」(清水氏)。股間部分を果物や葉っぱで隠したり、只野と森脇(永井大)のサウナシーンではさまざまな種類のモザイクを考案するなどユーモアたっぷり。同局のデータでは視聴者の男女比は半々で、意外にもメーンはF2層(女性35~49歳)なんだとか。今後の只野仁にも注目です!

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://idolpage.blog11.fc2.com/tb.php/961-7b7462d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。